競売通知

競売通知の対応ガイド!今から間に合う家族と自宅を守る最善の対応法

担保不動産競売開始決定が届いたら一刻の猶予もありません!

担保不動産競売開始通知決定 イメージ画像

競売通知(担保不動産競売開始決定)が届いたという方は、今すぐ行動をおすすめします。
競売通知は右の画像のような、裁判所からの通知です。

 

今すでに住宅ローンの支払いが滞り、その支払い分を債権者(保証会社)が代位弁済しています。
その債権者も少しでも多く現金を回収しなければいけません。
そのため、裁判所に競売を申し立て、裁判所がそれを受理後、このような競売通知が届きます。

 

この通知が届くと、不動産鑑定士や執行官が現地の調査に来たり、ご近所に聞き込み調査をする場合もあります。
近所にも競売中ということがバレてしまいます

 

また、今すぐではありませんが、約半年後には自宅の差押え、強制退去という可能性もあります。

 

下記に、最悪の事態を回避するための最適な解決方法をご紹介していますので参考にして下さい。


現在の状況を見ていきましょう

現在の債務状況 イメージ画像

現在の状況は左の図のように深刻度がとても高い状態です。

 

上記にもあるように、早く対応しないとご近所にも競売の事がバレてしまう。
また、競売になると市場価格の半分ほどで土地も家も買いたたかれてしまいます。
この競売物件は安く買える為、不動産屋や投資をしている方には、格好の餌食になるという事からもどれだけ安く買いたたかれるかはイメージできるかと思います。

 

この状況で、今の日本で一番最適な対策は「任意売却」になります。

 

この任意売却も、まだ競売通知が届いたすぐなら間に合います。


今が最後のチャンス!任意売却について説明していきます。

任意売却とは
債権者(銀行・住宅金融支援機構等)の同意のもと所有者(=債務者)の意思で、住宅を売却すること

 

簡単に説明すると、無理に競売で安く買いたたかれる(市場価格の約半分ほど)より前に、
今の市場価格で住宅を売る事ができるという事です。
また、今の住宅に残る事ができるケースもあります!

 

そのまま、放置した場合と、任意売却した場合も比較してみました。

 

そのまま放置して競売 任意売却

市場価格の約半分の値段で買いたたかれる!
不動産投資家からすると狙い目(カモ)物件

市場価格と変わらない価格で売る事ができる

強制退去させられる(引越し時期は選ぶ事ができない)

引越し時期を選ぶ事ができる!
子供の新学期まで等融通も利く

さらに競売申し立て費用・遅延損害金という追加請求あり

払う必要がなくな

家も取られて債務も残り、結果破産のケースが多い

その後の返済計画も無理のない範囲で行えるので人生の立て直しができる

引越し先もないまま、引越し費用も自腹

引越し費用も物件の売却代金から捻出可能

近所に競売で立ち退きになったことがバレる

近所には競売での売却という事は基本バレない


さらに、行動がはやければ、今の自宅に住み続ける解決策もあり

任意売却ってどうすればいいの?

残念ながら、全国のどこの法律事務所や弁護士事務所でもできるわけではありません。

 

まだ最近の事例なので、出来ると言っている事務所も経験が少ない場合が多いのです。
経験が少ない場合は対応も中途半端になり、結果、人生を立て直すために任意売却を行ったのに返済計画が経たず破産というケースも少なくありません。
(東京・大阪・福岡などの都市部ではなく、地方の方は特に注意が必要です。)

 

任意売却は経験の豊富な、専門家に頼む事が重要です!

 

おすすめは「全国個人再生支援機構」.。
ここは全国の任意売却の専門家が集まる相談窓口なんです。

 

ここなら気になる相談代金は無料
任意売却を行って解決まで行っても、まったく持ち出しのお金は必要ありません
無料で今の状況を脱出できて、人生を立て直す事が可能です!

 

 

まずは専門家への無料の相談からはじめましょう!

 

競売通知について

 

競売通知が届いた男性 画像

経済的な事情により住宅ローンの支払いが困難になり滞ってしまった場合、そのまま放置しておくと競売となります。
競売とは、銀行から融資を受けた人がその融資してもらった分の返済をできなかった場合に、銀行側が行うものです。
銀行などから融資を受ける際に担保を設けますが、この担保は返済が受けられなかった時のために設定されるもので、主に融資を受けた人の所有する不動産などの担保物件が充当されます。
もし返済がなければ、銀行などの債権者は、これらの担保物件の売却を裁判所に申し立て、その不動産や担保物件を差し押さえることで強制的に裁判所の管理下のもとで売却をすることができます。
この売却された代金から、返済に充てることができます。
その際に、融資を受けた債務者に届けられるのが競売通知というわけです。

 

たとえば住宅ローンを銀行で融資してもらった場合、担保となる物件はローンを組んで購入した住宅そのものに設定されます。
ところがローンの返済ができなくなり競売通知が届けられると、それはすなわち自宅が競売にかけられるということになります。
そのような場合に最善の対応といえるのが、まずは弁護士など法律の専門家に相談をするということです。
競売通知がきたからといってすぐに自宅が売りに出されると言うわけではありませんので、早い段階で相談をすると十分間に合います。

 

また、競売とはいっても通常はいきなり通知が届くということはありません。
返済が滞った場合、まずは銀行から返済を促す督促状が届きます。
競売通知が来る前にこの段階で専門家に相談をすることが手遅れにならない対応といえます。
そこからさらに返済が滞ると、次は直接銀行の担当者と返済計画についての話し合いが設けられます。
ここではまだ競売には至っていませんので、この段階でもまだ間に合います。
その後半年ほど返済できない場合に、競売通知が届きます。
しかしこの段階でも、実際に売却する価格の査定や入札が行われているわけではありませんので、できるだけ早く専門家に相談をしましょう。
競売の決定から実際に競売が実行されるまでの期間は、裁判所や状況によって異なりますが、一般的には3カ月から半年程度の期間がありますので、諦めずにこの間に専門家に相談をしましょう。

 

弁護士などの法律専門家は、法廷で事件の対応をしているだけではありません。
こうした金融関係の案件についても相談を幅広く受け付けていますので、裁判所から競売の決定通知が届いたら早めに相談することが最善の対応です。
もし相談せずにそのまま放置しておくと、競売が実行されてしまい担保として設定していた物件はすべて差し押さえられてしまいますので、通知が届けばすぐに専門家と相談するようにしましょう。

 

また、競売通知が届くのを待たなくても、ローンの返済計画などについても専門家をまじえて銀行と相談することもひとつの方法です。
少しでも早く対応することが、手遅れにならないための手段といえますので、対応には十分注意しましょう。

 

【PR】
任意売却を考えたらこちらのサイトも参考になります。
任意売却123
難しい任意売却を漫画で分かりやすく説明しているサイトです。


 

ホーム RSS購読 サイトマップ